余地が無いほど

余裕彼は私の気持ちにさえ気がついていませんでした。
いや、彼自身が私に気持ちが無いから気がつかないのかもしれません。

私はずっと男友達のことを好きで居続けていました。
そこだけはブレる事なく1年以上続いていたのです。
そこまで思いを寄せているのならば、
告白をしても良いのではないか?

と思う人も沢山いるでしょう。
私自身もそれが出来たら良いな・・・という期待を持っていましたし
実際に行動として示して行こうとそのタイミングを伺っても居ましたから。

しかし何も動けないまま時間だけが流れていきました。
意気地なしだと言われても仕方無いとは思うのですが、
期待さえも「入り込む余地がない」という状態だったのです。

彼はある女性のことが好きで、その人ばかりを見ていたんです。
その女性は全く彼に気が無いようでしたが(苦笑)
彼は彼女にアプローチもしているようでしたし、そんな彼に私が入り込む余地なんて無いですよね。

全く私の気持ちに気がついていない彼は、彼女をどうしたら振り向けさせることが出来るかなんて
私に聞いたりもしてきました(笑)

余地の無い恋は、最後まで彼に気がつかれることが無いまま終わろうとしていました。
せめて最後くらい、自分の気持ちを伝えたいと告白だけはしました。
彼は私とお付き合いは当然ながらしませんでしたが
私としてはハッキリと区切りを付けられて良かったなと思えています。

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る